出張所での市役所業務の廃止問題を考える

公正民主の会・市政問題学習交流会
「出張所での市役所業務の廃止問題を考える」

「主張所での市役所業務の廃止」など、市民の身近な行政サービスがなくなろうとしています。地域の住民の暮らしを守る行政の役割について共に考えましょう

 八尾市では、八尾スタイルの地域分権によるまちづくりを進めるためとして、出張所の役割を変えます。具体的には、
これまでは、市役所の手続きができる場所から、これからは、行政施設を地域に展開する最前線の拠点、地域のまちづくり活動や、様々な市民活動・学習を積極的に支援する拠点に変える。そのための出張所機能の再編として、「公金収納・諸証明・届出等の手続き機能は縮小・廃止へ」とすすんでいます。
 八尾市の第5次総合計画では、「行政のみが公共サービスを担うべきものという従来の考え方から脱却し、市民・企業・行政が協働して公共サービスを提供していくシステム」をめざすとしていますが、八尾市が使う市民参加・地域協働は、本来の住民自治の強化ではなく、公共サービスを住民に転嫁し、地域住民に「自己決定・自己責任」を押し付けるものではないでしょうか。
 昨年、「公正・民主の会』で視察を行った、
長野県木曽町は、町の職員を削減しても、住民の行政サービスを担当する出張所は職員を増やすとしています。住民自治を高めるために行政が支援する木曽町と、八尾市は、協働の名の下に市民に公共サービスを住民に転嫁し、地域住民に「自己決定・自己責任」を押し付ける八尾市では大変大きな違いがあると思います。
 ご一緒に、「出張所での公金納入などの市役所業務の廃止」問題を、市民の身近な行政サービスと住民のくらしを守る行政の役割について共に考えましょう。

日時場所: 2014年2月13日(木) 午後7時~ 山本コミュニティセンター・学習室

主催:公正・民主的な明るい革新八尾市政をすすめる会
連絡先:八尾氏陽光園2-1-2 八尾民主商工会内 TEL:072-922-7567

ブログ(お知らせ・着新)1八尾民商とは2全国商工新聞3よりよい経営4起業について5税金・記帳・確定申告6社会保障について7共済について8労働保険9融資10なんでも相談会11専門部等のご紹介12各支部のご紹介13会長挨拶14組織概要15入会案内16連絡先・アクセス17リンク 

ウェブページ

フォト
2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ