東北地方太平洋沖地震の緊急情報 3,4

2011年3月13日 全商連東北地方太平洋沖地震対策本部 本部長:国分稔
東北地方太平洋沖地震の緊急情報 3


★宮城: 遠藤山形県連会長が13日、宮城県連事務所に到着し、伊藤県連会長と再会。無事を確認しました。仙台市内は、電気も復旧しまじめ、役員、会員の安否確認を急いでいます。遠藤会長はいったん山形に帰り、14日に再度仙台入りして激励活動に回る予定です。
★岩手: 宮古市では現在、市街地中心に入る所で規制があり、立ち入り禁止の状況。津波は駅まで到達したものの、宮古民商事務所は無事でした。木村会長も無事。木村事務局長は、当時4時に事務所にいる所が確認されています。深沢口事務局員も無事でした。(追伸)盛岡市内はガソリンスタンド中心に大渋滞(午後2時半、県連より)
★北海道: 釧路民商から管轄地域の報告がきました。釧路から厚岸町までは、津波で漁船が3隻打ち上げられて道路を遮断するなど、各地で通行止めがあります。若竹町は津波被害がひどく、会員(漁業)は腰まで水につかった。根室市花咲港の会員(民宿)のところでは、1回の半分まで浸水。若竹町、根室市花咲港地区、別海町本別海地区などは民商会員をはじめみな避難しています。(午後1時、道連より)
★青森: 八戸民商から情報が寄せられました。八戸市内は大津波により、大きな被害が。八戸市湊、白銀の地域には、会員は10人ほどいるが、工場、自宅等は、津波の被害で建物はほぼ崩壊状況。多くの人は避難している模様です。八戸市内は、部分的に停電も解除されている。しかし、水・飲料水等は給水車が出て補給している状況。詳細は付近に近づけない状況があり不明。電話は、携帯も含め、通信状況が悪く、会員の実態は把握できないでいます。(午前11時半、県連より)
★長野: 栄村一青倉地区、横倉地区は住宅被害が激しく避難所生活。お年寄り世帯が多く住宅再建は困難で仮設住宅など長期化の恐れも心配されます。飯山市照丘地区(栄村との境)の建設業の会員は水道が止まり、住宅の壁・床に亀裂が走り、家具も転倒。工場の梁が真ん中で折れ、工場が道路側に倒れないようにロープで牽引している。野沢温泉村のきのこ工場の会員は、住宅は家具が転倒。工場は棚が倒れぐちゃぐちゃの状態。親戚の助けを得て作業再開へ努力中。(午後3時半、県連より)



2011年3月14日 全商連東北地方太平洋沖地震対策本部 本部長:国分稔
東北地方太平洋沖地震の緊急情報 4


★宮城: 全婦協の池原副会長の話「家族全員無事。11日、集会の打ち上げ後、仙台駅で地震にあった。集会参加の民商のみんなと一緒だった。駅でそれぞれ別れた。自分は家に連絡し、社員に迎えに来てもらった。5時間以上かかって帰宅した。ライフラインがダメになっていたが、つい先ほど電気がついた。全商連からの電話着信は分かっていたが、かからなかった。民商関係者にまったく連絡がとれない。(14日、午前1時20)」
 山形民商事務局長の話「佐藤会長と一緒に12日午後、宮城・仙南民商を支援に訪問。山形市からは1時間半程度。途中道路は亀裂有り、片側通行や補修中もあったが、通行できた。仙南民商事務所は開いていたが、誰もいないため、差し入れ等をメモと一緒に置いてきた。周りは停電。給水車に長い行列がある。」
★茨城: 水戸民商事務局長の話「13日の午前中にやっと事務所に来た。建物は崩れていないが、インフラがずたずた。電気も水も来ていなかったが、13日朝から電気はついた。道路も波打っているし、那珂川にかかっている橋もいくつか通れないので、渋滞している。道路と橋の段差もあって危ない状況が余震でさらに広がるのではないか。」

八尾民商トップページ

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/561356/51119504

この記事へのトラックバック一覧です: 東北地方太平洋沖地震の緊急情報 3,4:

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

ウェブページ

フォト
2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ