東北地方太平洋沖地震の緊急情報 6

2011年3月15日 全商連東北地方太平洋沖地震対策本部 本部長:国分稔
東北地方太平洋沖地震の緊急情報 6 (5はとびます)

★宮城: 宮城県連事務局長から14日にEメールが寄せられました。
当日は、気仙沼民商の集会に参加をしておりました。地震発生時は集会が終了し、会場の後かたづけ・デモの準備に差し掛かる所でした。集会会場は学校や公的機関がある街中心部の高台でしたので市内の様子がよく見える所でした。とにかく今回ほど縦揺れと横揺れが交互に長く揺れた地震は初めてでした。緊急地震速報が津波警報のサイレンに変わったためデモは急遽中止。会場前の公園に留まって収まるのを待ちましたが公園のベンチに座っても、トイレに座っていても揺れが収まらず「いつ終わるんだろう・このまま粉々になるまで揺れ続けるんだろうか」という映画のシーンを見ているような様子でした。会長と事務局長の判断でデモ・集団申告は中止、申告書は事務局で預かり後日税務署へと参加者に伝えると、10分もしないうちに「津波だ」との声があり公園に集まっていた私たちと市民や中学生が市内を見下ろせる畑に降り立つと、海水がどんどん押し寄せ、家屋や工場、商店の建物が渦巻く海に変わってしまいました。しばらくすると「大衆風呂」「加工工場」「造船所」の燃料施設から火の手が上がり黒煙が一本、二本と上がり始め、気仙沼湾内を大型船が漂流する事態となりました。もし、もう少し早くデモ行進を開始していたら「デモ隊列」は全員水に呑まれたでしょう。高齢者・足の不自由な方のためにと借用したマイクロバスは瞬時のうちに水に流され、運転していた吉田副会長は飛び降りて無事でしたが、車両はどうなったでしょうか。気仙沼の事務所は幸い水没を免れましたが事務所の中はメチャメチャです。私はその後、海岸線を避け、真っ暗闇の中を山道~山道と走り続け夜中の11時過ぎに多賀城市の自宅にたどり着きました。次の日、塩釜民商の中村事務局長と会い様子を聞きました所、事務所は海岸に在り、液状化現象で泥水が吹き上げて来た為、パソコンなど必要最低限の機材を鈴木事務局員と車に積み込み、山手に向かって避難。タッチの差で津波から逃れたとのこと。市内はご多分に漏れず水が押し寄せ、事務所は流された模様です。観光地松島も観光商店街は、津波の水が流れ込み窓ガラスは破壊され、道路・店舗は奥まで黒い汚泥で手がつけらない状況です。その他報道されている通りの地域にも会員さんが居りますが電話は不通、道路は寸断され、ガソリンスタンドも閉鎖されていますので確認に行けていません。全容が判明するまでしばらくの時間が掛かるようです。
★岩手: 岩手県連からの14日のEメールを紹介します。
(1)大船渡民商: 午後2時からの集会の最中に被災したと思われるが何の情報もない。集会場の農協会館からデモに入っていて、45号線に上がっていたら、冠水が少ないので脱出できた人もいるかも知れません。西条前局長、鈴木俊夫元会長、佐々木佐知子元事務局、三浦市議含め消息不明。民商事務所は確認とれませんが地域的には崩壊していないと思われる。
(2)陸前高田: 午後2時からのふれあいセンターで集会中に震災? その後の状況が不明。誰一人連絡とれず。民商事務所周辺は瓦礫で崩壊。
(3)上閉伊: 午後2時40分に小佐野コミュニティセンター集会・税務署申告書提出終了。解散して走り出した所で震災。菊池礼子さんが市役所に申告書届けると言っていたとのことで、連絡とれず。大迫方面に帰宅した会員不明。及川会長は無事確認。松原町の民商事務所周辺は形がない状況。
(4)宮古: 震災と同時に、集会会場で申告書を木村局長が回収して解散? その後消息を確認できた人は木村会長、木村局長、深澤口一家、大森副会長。民商会館は無事とのこと。
(5)久慈: 被災甚大なのは野田村。会員10名の安否確認中。

八尾民商トップページ

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/561356/51130348

この記事へのトラックバック一覧です: 東北地方太平洋沖地震の緊急情報 6:

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

ウェブページ

フォト
2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ