暮らし、雇用、営業、医療

2017年3月14日 (火)

2017年3月13日全国商工新聞「国保で現場入場可能」

2017年3月13日の全国商工新聞一面見出し
「国保で現場入場可能」

一人親方、従業員4人以下の個人は社保加入義務なし

全商連との懇談で明言

周知・徹底を約束

 全国商工団体連合会(全商連)は2月23日、強まる社会保険の加入勧奨、法定福利費の確保などについて、全国建設業協会(全建)、全国中小建築工事業団体連合会(全建連)と懇談しました。この問題で、全商連が業界団体と率直な意見交換をしたのは初めて。全建は、従業員4人以下の個人は国民健康保険(国保)で現場入場できるとした国交省ガイドラインの周知・徹底を図ると回答しました。

社保加入の強要期限前に強まる

懇談は、社会保険の加入対象ではない一人親方などに対し、「建設現場に入場させない」と、親会社が3月末までの加入を迫っている問題について、国交省のガイドラインに沿った正しい解釈と指導を求めたもの。
 国交省のガイドラインが対象としているのは、法的加入義務のある法人と5人以上の従業員を抱える個人事業主。ところが、加入が義務付けられていない一人親方や従業員4人以下の個人事業主に対しても強制的に加入を迫る動きが建設現場で加速しています。
 大手建設企業などで構成される全建との懇談では、全商連の中山眞常任理事が、ガイドラインに反する”指導”や建設業者の不安の声を紹介。「業界団体として、ガイドラインを正確に周知し、指導してほしい」と要望しました。
 応対した全建の長尾正弘労働部長は「3月の期限を前に過剰な反応や不理解もあるのかもしれない」と、現場の混乱を認めるとともに「入らなくていい人は入らなくていい。国交省のガイドラインに沿って誤解のないよう周知・徹底をさらに図りたい」と答えました。

制度改善の提案
共感広げ話題に

「納めきれない社会保険料」も話題となり、料率の引き下げ、納税緩和制度の周知徹底などを求める全商連の「社会保険改善のための3つの提案」を中山常任理事が紹介。長尾部長は「社会保険に入っても払えないという話もよく聞く」とした上で、「みんなが社会保険に入れて公平感があり、納得できるような制度にしてほしい」と、回答しました。
 全国の工務店が加盟する全建連は、川合正仁専務理事が応対。社会保険に対する「現場の理解が追い付いていない」とする一方、「社会保険に入るには、それに見合う単価が払われなければ会社がつぶれる。単価が低ければ入れない現状がある」と強調しました。
 仕事おこしや地域で果たしている建設業の役割も話題に。また、全商連の“3つの提案”について「それは良いこと。業界としても要望できるのでは」と応じました。

☆ 全国建設業協会(全建):都道府県単位に大手建設企業を含め約2万社を組織。
☆ 全国中小建築工事業団体連合会(全建連):全国35の会員団体に約5万2000社を組織する全国最大の工務店組織。

全商連 社会保険改善のための3つの提案
1. 社会保険料率引き下げと、直接支援、減免制度の確立
2. 協会けんぽの財政建て直しへ、国庫補助を法定の20%に引き上げる
3. 法律で定める「納税緩和制度」の周知徹底と、年金事務所に申請書類の完備を

リンク:全商連 社会保険対策 特設ページ
http://www.zenshoren.or.jp/kokuho/syakaihoken.html

リンク:建設業許可 社会保険加入必須? 国交省「未加入でも排除せず」http://www.zenshoren.or.jp/gyoshu/doboku/121015-11/121015.html

リンク:八尾民商HP

りんく:全国商工新聞購読

-------------------------------------------------------------------

2017年3月13日の全国商工新聞三面見出し

全商連HPアンケート 社保加入問題 相談が急増

未加入者の現場排除に不安 「正しい情報欲しい」

 

未加入者の排除が各地で頻発している社会保険加入問題。これに警鐘を鳴らす全商連のホームページ(HP)には月1万人以上が訪問。このページで行うアンケートには、「正確な情報を知りたい」「社会保険料が高くて払えない」などの声が寄せられています。


「現状では社会保険料を払えますか」の問いには「はい」が30%で「いいえ」が64.3%。
3人に2人が払うことが困難な状況に置かれていることがうかがえます。

 社会保険についての要望で最も多かったのは「社会保険制度について正確な情報を知りたい」で85%と断トツ。以下、「保険料負担を極力抑えるようにしたい」(58.3%)、「社会保険料を払える単価を取れるようにしたい」(50%)と続いています。

 この結果について全商連・運動政策委員長の遠藤強常任理事は「入らなくてもいい一人親方などにも加入を強要し、現場から未加入者を排除する動きが各地で出ている中で、正しい情報を知りたいというのが業者の要求ではないか」と分析。その上で民商として、「社会保険労務士などを講師にした社会保険制度の仕組みや国土交通省が出している下請けガイドラインなどについての学習会を広く呼び掛け、建設業者の声に応えていくことが必要」と、強調しています。

HPのアクセス月1万件超える

 全商連がHP上で行っている社会保険に関する意見集約は16年11月に開始。17年2月末現在、74件の回答が寄せられています。

 全商連HPへのアクセス数でも社会保険関係が最も多く、1月は約1万1000件、2月は1万3000件と3月を前に急速に増えてきています。

全商連ホームページに寄せられた 社会保険に関する意見・要望


親会社から、社会保険に入っていないと、4月以降は現場に入れないと言われた。私は個人事業主で従業員を合わせても計3人。なぜ社会保険に入らなくてはならないのか

以前、社会保険に加入していたが、経営難のためやめた。しかし4月以降は入っていないと仕事を出せないと親会社が言う。加入したら、支払いが滞り、借金が膨らむのは目に見えている

来月から社会保険に加入しなければならないと言われ、いきなり保険料の支払いを命じられた。ただ払えと言われても納得できない

従業員は14人いるが、社会保険に加入しているのは3人だけ。全員分を負担するのは困難。どうすればいいのか

今の労働単価では社会保険に加入できない。親会社とも交渉したが「元請けからの請負金額が低いから自分たちで何とかしてくれ」と言われた。社労士さんに相談しても「単価を上げてもらうように交渉しなさい」と言われるが、それができれば相談しない

元請けから社会保険に入れと言われた時の対処法を教えてほしい

-------------------------------------------------------------------

2017313日の全国商工新聞一面下段記事

社保や労災加入「相談は民商へ」

大阪・住吉民商

 4月以降、現場に入れるのかー。社会保険の加入強要問題で、建設業者関係者に不安が広がっている中で、各地の民主商工会(民商)は「ぜひ相談を」と呼び掛けています。

 大阪・住吉民商には、社会保険(健康保険、厚生年金)、労働保険(労災保険、雇用保険)について、「加入の仕方は」「保険料はどれくらい」などと問い合わせが相次いでいます。

 同民商では加入条件の確認や、保険料の仕組みについての相談を強めています。

(記事:住吉民商S通信員)

-------------------------------------------------------------------

2017313日の全国商工新聞三面下段記事

「国保でも現場入れる」

兵庫・姫路民商 学習会で制度学ぶ http://himeji-minsho.com/

 兵庫・姫路民主商工会(民商)は2月10日、姫路市内で建設業者の社会保険、雇用保険に関わる学習会を開きました。国土交通省(国交省)が3月末までに社会保険に加入しなければ現場からの締め出しを図ろうとしている中で、制度を正確に理解し必要な申し入れをしようと企画されたもので、18人が参加しました。

 S事務局長が社会保険制度の仕組みや未加入者排除をめぐる情勢について報告。その後「一人親方」「個人」「法人」のグループに分かれ、悩みや現状を語り合いました。

 討論では「とにかく社会保険に加入しろと親会社から言われて困っている」「家族だけの事業なのに、法人化して社会保険に入れと言われている」「家族とパートだけの個人事業だが、親会社から社会保険に入ってくれと言われている」など、率直な疑問や悩み、不安が出されました。

 また、国交省の下請けガイドラインについても意見交換。法人や従業員5人以上の個人事業主は事業主負担も生まれる協会けんぽや厚生年金に加入する必要があるが、一人親方は国民健康保険(国保)と国民年金、従業員4人以下の場合、国保、国民年金、雇用保険に入っていれば、建設現場への入場は可能であることなどをあらためて確認しました。

 参加者からは「いろいろと悩みを話すことができて良かった。これからも学習していきたい」などの感想が出されました。

 元請けの協力会社から「パートも社会保険に加入をしてもらわないといけない」と言われていたAさんは、学習会前に民商に相談。パートの人は、勤務時間が週30時間以内なら、社会保険に加入する必要がないことを知り、もう一度協力会社に確認しました。ところが、協力会社は「加入しないといけません」の一点張り。Aさんは協会けんぽに相談すると、「それはおかしいですね。私どもからも電話をします」と回答。その直後に協力会社から電話が入り、「認識不足だった」として是正されました。

 民商では、「元請けや親会社の社会保険加入に関する理解が不十分な場合も多い。泣き寝入りせずに、『おかしいと思ったことは、おかしい』と主張しましょう」と呼び掛けています。

(記事:姫路民商K通信員)

-------------------------------------------------------------------

2017313日の全国商工新聞一面2番記事

国交省北陸地方整備局、県と交渉

「相談窓口」で対応する

新潟県連 新潟民商 調査もとに要望

 新潟県商工団体連合会(県連)と新潟民主商工会(民商)は2月22日、建設業者の社会保険未加入問題で北陸地方整備局、新潟県土木部と相次いで交渉しました。業者への聞き取り調査をもとに行ったもので、W県連会長、N新潟民商副会長ら5人が参加しました。

 要望したのは、1.社会保険に関わる末端業者の聞き取り調査を行うこと。2.社会保険の加入義務が無い一人親方・従業員4人以下の下請けへの間違った指導をやめさせ、国交省のガイドラインに沿った指導を徹底すること。3.法定福利費をきちんと支払うよう強力な指導をすること。4.相談窓口をつくること-の4項目。社会保険加入問題での行き過ぎた指導や低い設計労務単価の実態などを告発しました。

行き過ぎた指導なくすよう徹底

応対した国・県の担当者は「国交省がガイドラインで示している通り、一人親方や従業員4人以下の事業主は社会保険に加入しなくても現場に入れる」と明言。「関係団体に通知を出しているが、行き過ぎた指導がないようさらに徹底する」と約束しました。

 また、県は法定福利費がきちんと支払われないことについて「法定福利費の内訳を明示した『標準見積書』を活用するよう指導している。一次下請けで6~7割程度の普及だが、さらに普及させていきたい」と答えました。

 相談窓口の設置について県は、建設業の個別の問題に対し1月から相談窓口を設置したことを紹介。 「社会保険加入の問題も気軽に相談してほしい」と語り、北陸地方整備局も「担当が相談を受け付ける」と答えました。

 県連・民商は交渉に先立ち聞き取り調査を実施。1月20日には「社会保険問題交流会」を25人の参加で行い「4月から一人親方は現場に入れないと言われた」「個人事業主にもかかわらず、社会保険に入れと言われた」などの声も出されていました。

 この交渉には、日本共産党の渋谷明治県議と町田明広衆院予定候補が同席しました。(記事:新潟県連A通信員)

2015年3月19日 (木)

ものづくり・商業・さーびす革新事業補助金 説明会

中小企業、小規模事業者の経営活性化を
平成26年度補正予算事業
ものづくり・商業・さーびす革新事業補助金 説明会

1・革新的サービスの創出 (補助金率2/3) 最高額1,000万円
2・ものづくり革新 (補助金率2/3) 最高額1,000万円
3・共同した設備投資等による事業革新 (補助金率2/3) 最高額5,000万円、1社500万円

設備投資 設備投資+試作開発
コンパクト型 最高額700万円 設備投資・経費
一次公募 平成27年度2月13日~平成27年5月8日
ぜひ、説明会に参加し、事業の発展に補助金の活用を考えましょう

とき:3月20日(金) 19:00~
ところ:八尾民商会館会議室
説明:宮川 晃 (経営コンサルタント・経営士)
※新たな補助金申請がでましたら、合わせて報告いたします。

主催 八尾民主商工会 経営対策委員会

2012年12月 5日 (水)

12月の子育て悩み相談

12月の民商会員さんの子育て悩み相談(無料・完全予約制)は
13日木曜日18:00~20:00に八尾民商会館にて行います。

通常の相談日:毎月第3木曜日18:00~20:00

トップページブログ(お知らせ・着新)1八尾民商とは2全国商工新聞3よりよい経営4起業について5税金・記帳・確定申告6社会保障について7共済について8労働保険9融資10なんでも相談会11専門部等のご紹介12各支部のご紹介13会長挨拶14組織概要15入会案内16連絡先・アクセス17リンク 

2011年3月13日 (日)

全商連東北地方太平洋沖地震対策本部 本部長:国分稔 発足の報

全商連東北地方太平洋沖地震対策本部 本部長:国分稔 発足の報が
緊急情報と共に、各県連を通じて各民商にFAX送付されました。

全商連は12日、国分稔会長を本部長とし、三役を中心とする「東北太平洋沖地震対策本部」を立ち上げました。

対策本部は、該当県連・民商の役員・会員・事務局員の安否確認と事務所の被災状況をつかみます。
当面、近県の応援を受けながら全商連事務局員を被災地支援に送ります。
掌握した情報を各県連に送付します。 また、推移を見ながら救援募金、救援物資、救援ボランティアを全国に要請します。
当面、全商連事務局員は複数で泊り込み24時間体制で対応します。
週明けに「募金口座」を開設します。

12日、遠藤全商連常任理事が山形から宮城に支援に入りました。渡辺全商連事務局員が夜、新潟から宮城入りめざして出発しました。報告を受け次第、情報を発信する模様。

東北地方太平洋沖地震の緊急情報(リンク)

八尾民商トップページ

2011年2月26日 (土)

全国商工新聞から リフォーム助成制度

京商連など「考える会」
リフォーム助成金視察ツアー (全国商工新聞記事より抜粋)

関連記事

与謝野町|お知らせ|住宅改修助成事業の反響 平成23年2月7日

「住宅リフォーム助成制度」与謝野町視察会 - ふるさと再生の広場

与謝野町で住宅リフォーム助成制度学ぶ - 京都民報Web

住宅リフォーム助成制度ー与謝野町へ研修 むらき恵子の日記 ―住民が ...

八尾民商トップページ

2011年2月10日 (木)

青年部のお知らせ

青年部会
2月19日(土) 20:00~ 八尾民商

青年部スキーツアー
2月26日(土)~27日(日) 26日21:00八尾民商集合 場所:岐阜方面
連絡先:922-7567青年部担当吉川まで

新入部員歓迎会
3月19日(土) 19:30~ 雅楽(がらく)(地下鉄八尾南駅すぐ)
連絡先:922-7567青年部担当吉川まで 〆切3月11日

大青協 「経営問題」学習会 5月15日(日) 15:00~17:00 大商連会館

大青協 わっと大交流会 6月11日(土) 19:00~21:30 フェイセスゲストハウス月花

sunsunsunsunsunsunsunsunsunsunsunsun

 1月22日(土)に八尾市役所近くの南の『天くま』にて、青年部新年会を10名の参加で行いました。最初にK部長の挨拶&乾杯ではじまりました。鍋のコースを楽しくおいしく頂きました。仕事の話や恋愛の話などに花を咲かせました。最後にT副部長からシメの挨拶で終了となりました。 青年部は今年も色々な行事を行っていきますので皆さんの参加をお待ちしています。

 3月19日に行われる予定の新入部員歓迎会は、毎年恒例で行っているものです。これは、「青年部に入ってるけど、何やってるか分かれへん」「青年部って何?」というような疑問を持っている人もいてるとおもいます。 そういった疑問にお答えします。 もちろんそれだけではなく、部員同士の仕事やプライベートでの交流が出来る場です。当日は7時30分開始で行います。

 青年部会では、これからすること、したいことなどを出し合い、雑談も含めて楽しく話し合っています。レクリエーションや学習会など、「こんなことをやりたい」ということや、「こんな事で悩んでいる」という悩みなどを是非部会に参加してみんなで話し合っていきましょう。「こんなことやってほしい」ということや、「これやったら参加できる」という事を部会に参加して教えてください。

 大青協行事の「経営問題」学習会 は大量生産の経済は限界を迎えつつあります。新しい時代に求められる中小業者の役割は?! 不況に負けず、夢をもって頑張り続ける経営スタイルを学びます。
 わっと大交流会の前回開催時は120名の参加でした。名刺交換や展示ブースなど、異業種・同業種で交流。みんなのアイデア・こだわりを知り、商売のプラスに!!

八尾民商トップページ

2011年1月27日 (木)

平成23年2月の予定 など (追記2/3)

2/2(水)法律相談日(八尾民商会館)
2/4(金)住宅リフォーム助成学習会
(2/10(木)住宅リフォーム助成学習会:八尾市議団主催)

2/15(火)国税通則法改悪反対の運動と学習会
2/16(水)法律相談日
(八尾民商会館)

八尾民商会館では3/13(日)までの土・日曜日・祝日も「なんでも相談」を行っています。税金、営業やくらしでお困りのことがあれば、お気軽にご相談下さい。
土・日・祝の相談時間は10:00~16:00です。平日20:00まで相談できます。

地域での「なんでも相談会」のご案内 【2月】
2日(水)大正コミュニティセンター 14:00~16:00、19:00~20:00
3日(木)竹渕コミュニティセンター 10:00~12:00、14:00~16:00
7日(月)志紀コミュニティセンター 14:00~16:00、19:00~20:00
8日(火)竜華コミュニティセンター 10:00~12:00、14:00~16:00

新しい民商ビラが下記リンクからPDFにてダウンロードできます。

確定申告・記帳決算は民商へClick!

資金繰りの相談は一人で悩まず民商へClick!

八尾民商TEL:072-922-7567
民商フリーダイヤル:0120-22-0000 (土・日もOK! 10:00から受付)

八尾民商トップページ

2011年1月21日 (金)

最近の気になる新聞記事

確定申告の迫る1月後半、それに絡んで最近の気になる記事を私的にに取り上げてみました。それぞれにリンクが張られています。(web担当:周防)

介護保険 月1000円超値上げ
・・・・・・2010年11月19日 読売新聞夕刊
  12年度から65歳以上5200円 厚労省試算

<<保険料が「負担の限界」とされる5000円を突破する。さらに・・・>>

配偶者控除も所得制限・・・・・・2010年11月5日  読売新聞
  政府税調、子ども手当財源に

<<政府税制調査会は4日、専業主婦がいる世帯の税負担を軽くする配偶者控除に所得制限を設ける方向で調整に入った。>>

八尾民商トップページへ

2011年1月15日 (土)

確定申告、商工交流会 の案内

あけましておめでとうございます 今年もよろしくお願いいたします。
2011年1月19日(水)午後7時より 八尾民商会館3階にて、
八尾民商 商工交流会
『 頑張りまっせ!ものづくり 』 (主催:八尾民主商工会 経営交流会)
中小企業の経営をとりまく情勢は、大企業の生産拠点の海外展開により国内の産業の空洞化による仕事不足、低単価・・・。さらにリーマンショック以降の不況と円高など大変厳しい現状であります。
 こうした中で「経営を発展」されている企業、「頑張っている企業」があります。こうした、物作りの経営の交流を行いながら、不況に打ち勝つヒントは・・・・

 パネラー:(有)北浦製作所、木本製作所、ソメタニ産業(株)、(株)藤原電子工業、(株)リブラ
《民商会員外の方もどうぞお問い合わせの上ご参加下さい》

”所得税申告書”書き方説明会のご案内
自主計算・税金対策部長:今仲茂
1月20日(木)夜7時30分より、八尾民商会館にて

八尾民商ホームページ

2010年11月11日 (木)

第4回 八尾なんでも相談村 近鉄八尾駅噴水広場(無料)

第4回 八尾なんでも相談
11/27(土) 午後1時~午後5時
11/28(日) 午前11時~午後3時
近鉄八尾駅前 噴水広場

弁護士や専門スタッフが、特設テントで相談を受け付けます。

連絡先:八尾なんでも相談村実行委員会 0772-922-5328
八尾市山城町1-2-32八尾労働組合総連合内

運営団体:八尾労連加盟組合、大阪法律事務所、民主商工会、生活と健康を守る会、新日本婦人の会、医療生協かわち野、青年ボランティアなど

ウェブページ

フォト
2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ