お元気ですか共済健康手帳 全商連共済会 (八尾民商編2014年書き出し途中)

<p><p><p><p><p><p><p><p><p><p><p><p><p><p><p><p><p><p><p><p><p><p>お元気ですか共済健康手帳 全商連共済会</p></p></p></p></p></p></p></p></p></p></p></p></p></p></p></p></p></p></p></p></p></p>

0291

お元気ですか共済健康手帳 全商連共済会 

もくじ 

1.共済健康手帳発行にあたって 

.民商・全商連共済運動とは

3.民商・全商連共済会5つの魅力 

 民商・全商連共済会の制度

4.共済金等の手続き

5.健康な身体は、生活習慣の見直しから 

  ■年に一度は健康診断を

  基準値の一覧表

6.健康づくりのために 

7.健康維持に役立つストレッチ体操 

8.がんを予防するには 

9.健康診断の結果 

  (1)血圧が高いといわれたら 

 (2)尿検査で異常がでたら 

 (3)コレステロール値が高いといわれたら 

 (4)肝機能に異常があるといわれたら 

 (5)血糖値が高いといわれたら 

 (6)胃・十二指腸潰瘍があるといわれたら 

 (7)心臓に異常があるといわれたら 

 (8)眼底検査で異常があったら 

 (9)肥満気味といわれたら 

10.あると便利な実用品

11.こんな症状が出たらすぐに病院・診療所に

12.入院お助けマニュアル

13.活用できる国保の仕組み 

14.共済会の規約と運営規定 

15.県連共済会の住所と電話番号 

0281

1共済健康手帳発行にあたって    

 全商連共済会は1984年5月に全国を一つにして加入者116,503人で「自前の共済」として発足し、2004年に20周年を迎えます。 

 この間、いのちと健康を守る生存者重視の「制度」として発展させ、「いのちと健康を守る」多彩な活動を展開し、仲間への「目配り、気配り、心配り」の活動を進める中で、民商・全商連運動を豊かにし、加入者36万人の組織に発展してきました。 

 この間のべ79万人の加入者に615億円を超える見舞金・弔慰金・祝金を届け、「不景気で生活が大変な中、仲間の援助で大変助かった」と喜ばれています。 

 健康破壊が営業難と一体であることを明らかにし、早期発見・早期治療をめざし集団健診活動を強化し、「健康講座」「保険大学」など「いのちと健康を守る」多彩な活動を推進してきました。 

 共済金の支払いから中小業者の健康破壊の実態を告発してきました。国会でも中小業者の健康破壊の実態として取り上げられるなど、社会保障充実の力にもしています。 

 創立20周年の節目に、加入者のいのちと健康を守る一助にと、この共済手帳を発行することにしました。おおいに活用されることを願っています。(2014年現在、WEBでは一部古い部分は新しく書き直し、または訂正します)    

2民商・全商連共済運動とは

 民商・全商連共済会は、「一人はみんなのために、みんなは一人のために」の理念で民商の仲間同士がお互いに助け合う共済です。 

民商・全商連共済の理念、優位性
共済とは、本来同じ地域や同じ団体に所属する仲間同士が、連帯感を基礎にして力を合わせ助け合いをすることです。一方、保険は不特定多数を相手にする事業であり、助け合いの精神や連帯感とは、無縁なものです。ここが保険と共済が根本的に違うところです。
 全商連共済会は、1984年の創立以来その優位性と、先駆性を大いに発揮しています。    

いのちと健康を守る運動
 「早期発見・早期治療」をめざし、集団健康診断と「いのちと健康を守る活動の中心的課題」と位置づけ、「集団検診活動助成金」を設け、組織的にとりくんできました。
 多くの人が健診活動に参加できるよう日曜健診や支部ごとに取り組むよう努力し、「大腸がん検診」など一点での健診活動、班での血圧測定など日常的に健康を気遣いあうことにも努めてきました。また、集団健診の結果報告会を開き、健康に関心を持つきっかけにもなっています。
 「保健大学」「健康講座」「健康まつり」などいのちと健康を守る多彩な運動にも取り組んでいます。    

阪神・淡路大震災に「特別措置」
 阪神・淡路大震災のとき「特別措置」として震災見舞金を被災会員に総額3億9千万円をお届けしました。見舞金を持って一人ひとりの被災会員を訪問し、営業の再開を激励し大きな勇気を与え、共済運動の全身が仲間の命と健康を守る力であることを示しました。    

79万人に615億円
 全商連共済会は創立以来2003年7月末までの19年間にのべ79万人へ、615億円の共済金を届けました。
 共済会費収入の9割を超える共済金の支払いは、他の共済では真似の出来ないもので、その優位性は群を抜いています。
「病気で収入の道が途絶えたとき、共済金を受け取り励まされた」「共済会に加入していて良かった。民商の仲間の温かさを感じた」など、共済金を受け取った仲間から多くの喜びの声が寄せられています。    

民商運動をより豊かに
 民商・全商連共済会の前進は、仲間の健康を気遣う活動として民商の魅力を広げています。共済運動を通じて、「仲間同士助け合う」という民商理念がいきわたり、会員を主人公にした「目配り、気配り、心配り」の活動は、民商・全商連の運動と組織を豊かにしています。

3民商・全商連共済会5つの魅力

 無条件で加入できる
民商会員とその配偶者は年齢を問わず、入院・治療中でも加入できます。    

 命と健康を守る助け合いを重視
 「体が資本」の中小業者にふさわしく、命と健康を守る助け合いを重視しています。「早期発見・早期治療」のために集団健康診断をおこなっています。    

 自前の共済
「一人はみんなのために、みんなは一人のために」加入者どうしで会費を納めあい運営する自前の共済です。会費で財政を築き、中小業者にふさわしいものに発展させています。    

 心通う仲間がいる
「目配り、気配り、心配り」を合言葉に班や支部で家族や商売、健康のことなど何でも相談しあえるようにしています。仲間が身近にいることほど心強いことはありません。    

 仲間がふえればどんどん発展
 全ての民商の仲間が加入してこそ、助け合いの内容はいっそう豊かになります。1984年の発足時、11万人だった加入者は、36万人となり、共済会への加入者がふえるにつれて入院見舞金や祝金の内容を充実させてきました。    

    

<共済金制度=本則=>

民商・全商連共済会の制度

●見舞金・祝金
八尾民商WEBページ参照    

●加入資格    

八尾民商WEBページ参照 



4共済金等の手続き

加入退会などの手続き
加入申込書・退会届などの書類は、必ず加入者本人が記入し提出するようにします。
 書類の締切は毎月25日で、翌月の1日付で発行になります。
 加入者が民商を退会した場合など、加入資格がなくなった場合は直ちに退会届を出す必要があります。    

共済金(慰霊金・見舞金・祝金)の請求
・必要な書類
 必要な書類を全てそろえ、班の共済係(班長)または支部の共済役員へ提出してください。
 本則制度、附則制度では添付書類も異なりますので、気をつけましょう。(12,13ページ参照
 請求書類に不備や不足があると再提出を求めたり、照会のため支払いが遅れることになります。
・請求期限
 加入している制度により異なりますので注意が必要です。(11ページ参照)
・本則制度は、①満15歳以上満65歳未満までに加入し、満75歳まで継続加入する加入者(E)、②満65歳以上で新たに加入した民商会員とその配偶者(M),③満75歳以上の民商会員とその配偶者(R)で共済金が異なります。(全商連共済会規約第13条)
・附則制度は本則制度と共済金(給付金)が異なります。(同規約、附則7条)    

    

慰霊金・見舞金・祝金等を支払わない場合、減額して支払う場合
1.入院見舞金が支払われない場合
・加入日に入院(民商会員とその配偶者、事務局員に限る)、通院治療を受けている傷病があった場合の加入日から2年以内の入院。ただし、加入後の災害を事由としたもの、75歳以上で新たに加入した民商会員とその配偶者は除かれます。
・加入者が規約第5条(加入年齢)、第6条2項(加入資格)に該当する事項が事実でない事が発見された場合。
・人間ドック、出産、臓器移植の提供者の入院。ただし、帝王切開や妊娠中毒症による入院など保険診療の対象となる入院は、対象になります。
2.安静加療見舞金が支払われない場合
・4月1日から翌年の3月末日の機関に入院見舞金が支払われた場合、同一期間内の入院見舞金と重複して支払われません。すでに安静加療見舞金が支払われていた場合は、入院見舞金から差し引かれます。
3.慰霊金・見舞金を支払わない場合
・加入者、受取人の故意または重大な過失によるとき、
・加入者、受取人の犯罪行為によるとき、
・戦争その他変乱によるとき
4.慰霊金・見舞金等を減額して支払う場合
・地震、噴火、津波などの自然災害により被害を受けた加入者の数が、本会の運営に及ぼす影響が少なくないと認められた場合には、その程度に応じて慰霊金、見舞金等を削減して支払う場合があります。
5.請求期限
・加入者が請求事由が生じた日から3年間請求しない時。 安静加療見舞金は、請求事由が生じた時から6ヶ月間請求しないときは請求権は消滅します。
・本則加入者の場合は、加入者でなくなった日から1年を経過した時は請求権は消滅しますので注意して下さい。
・「請求事由が生じた日」とは、入院の場合は入院初日、安静加療の場合は、医師から安静加療を告げられ安静加療を開始した日のことです。    

    

5 健康な身体は、生活習慣の見直しから

★健康管理の自己チェック
1.適正な睡眠時間(7~8時間)をとる 

017

   

2.過労を避け、十分な休養をとる
11時間以上の長時間労働の連続をできるだけ避ける。週一回の休養を 

018

3.喫煙をしない 

019

4.過度の飲酒をしない
一日ビール1本(日本酒一合)以内を守る 

020

5.適度な運動を定期的につづける
週に最低3回は少し汗の出るような運動を30分以上続ける 

021

6.低塩分、低脂肪のバランスのよい食事をとる 

022

7.間食せず、朝食をとる規則正しい食生活を 

023

8.適正体重(適正体脂肪) 

024

9.正常血圧 

025

    

年に一度は健康診断を

各地の民商で行われている集団健診の結果は、健康はわずか17.9%(2002年度)しかおらず、医師が驚くほど「異常有り」が多くなっています。
 それだけ中小業者の営業とくらしが厳しくなってきている反映でもあります。
 共済金請求、診断書から見ると、もっと早く受診していれば手遅れにならずにすんだのではないかと思われるケースが少なくありません。
 「中小業者の営業とくらし・健康実態調査」では「健康診断を3年以上受診していない」人が24%となっています。
 とくに、生活習慣病は、初期には自覚症状が現れないのが特徴ですから、年に一度は健康診断で体の状態を調べておくことが大切です。
 民商共済会では、中小業者が参加しやすいように、日曜日や夜間の検診、支部ごとの検診など工夫して取り組みましょう。
 また、結果報告会や健康講座などを開催しています。全ての会員が、健康で営業を続け、元気で長生きできるように集団検診に参加するようにしましょう。  
 

基準値の一覧表htmlテーブルで表示 

      

        

   
      

検査項目           

   
      

基準値        

   
      

検査の説明        

   
      

身体計測        

   
      

身長        

      

体重BMI)        

      

標準体重        

      

肥満度        

   
      

±10%未満           

   
      

肥満は肝障害・糖尿病・高脂血症の誘因となるので、食事・運動に注意して減量しましょう。        

      

BMI・・・国際的に肥満の判定に有用で22が生活習慣病が最も少ない値です。20~24普通、24.1~26.4やや肥満、26.5以上肥満        

   
      

視覚        

   
      

視力        

   
      

        

   
      

矯正視力で0.7以上あれば、日常生活に支障ありません。           

   
      

聴力        

   
      

1000Hz           

      

4000Hz        

   
      

30dB           

      

40dB        

   
      

聴力は、加齢・騒音環境により高音域が、低下しやすくなります。聴力障害がある場合、念のため耳鼻科で検査してください。        

   
      

血圧        

   
      

最大血圧        

      

最小血圧        

   
      

139以下           

      

89以下           

   
      

血圧は変動しますので高い方は必ず何回か測定してください。高血圧が放置されると脳卒中や心臓病の原因となります。        

   
      

肝機能        

   
      

GOT        

      

GPT        

      

ALP        

      

γ-GTP           

      

HBs抗原        

      

HBs抗体        

      

HCV抗体        

   
      

10-28IU/l        

      

4-30IU/l        

      

104-338IU/l        

      

10-60U/l        

      

(-)        

      

(-)        

      

(-)        

   
      

GOTは肝臓や心臓、GTPは肝臓に含まれる酵素で、細胞の破壊で高くなります。高めの方は肝炎ウイルス等を確認してください。γ-GTPはアルコールの多飲により高くなる傾向があります。           

      

(B型肝炎ウイルス)HBs抗原陽性者は、将来肝炎になる可能性やウイルスが結晶を介して他の人に感染する可能性があります。陽性の場合は更に詳しい検査が必要です。        

   
      

脂質        

   
      

総コレステロール        

      

中性脂肪        

      

HDL-C        

   
      

110-219mg/dl        

      

40-149mg/dl        

      

男40-75mg/dl
      女50-87mg/dl        

   
      

コレステロールや中性脂肪が高いと動脈硬化を起こし、心臓病・脳卒中・高血圧の原因になります。        

      

HDL-Cは動脈硬化を予防する善玉のコレステロールで喫煙・肥満・運動不足、ストレス等により低下します。           

   
      

血液一般        

   
      

白血球        

      

赤血球        

      

           

      

血色素           

      

           

      

ヘマトクリット           

      

           

      

血小板           

   
      

3000-8200/μl           

      

男400-520万/μl           

      

女350-490万/μl           

      

男14-18g/dl        

      

女12-16g・dl        

      

男39-50%        

      

女35-45%        

      

14-40万/μl           

   
      

白血球は炎症で増加します。        

      

赤血球・血色素・ヘマトクリットが低い場合、貧血を疑います。        

      

血小板は出血を止める働きがあります。        

   
      

腎機能        

   
      

尿蛋白        

      

尿潜血        

      

尿素窒素        

   
      

(-)        

      

(-)        

      

8-20mg/dl        

   
      

尿蛋白(+)は腎臓や尿道の障害が疑われます。           

      

尿潜血(+)は膀胱炎・腎炎・結石などが疑われます。           

      

尿素窒素は、腎臓の働きが悪くなると上がってきます。        

   
      

代謝        

   
      

HbAlc        

      

尿糖        

      

空腹時血糖        

      

尿酸        

      

        

   
      

5.8%以下           

      

(-)        

      

109mg/dl以下        

      

男4.5-7.0mg/dl        

      

女3.5-7.0mg/dl        

   
      

HbAlcは、1~2ヶ月間の血糖の平均を表しています。        

      

尿糖(+)や血糖が高めの時は糖尿病が疑われますのでブドウ糖負荷試験を受けてください。           

      

尿酸は通風の原因物質で、肉類などに多く含まれるプリン体の分解産物です。高尿酸が持続すると心臓、腎臓、血管障害を引き起こします。        

   
      

        

   
      

心電図           

   
      

        

   
      

心臓の働きや脈の伝わり方をみています。           

   
      

胸部X線        

   
      

        

   
      

肺炎・癌・結核・心臓の形や大動脈の変化などをみています。           

   

    

6健康づくりのために

 健康づくり体操
 中小業者を含む、働く人々で最も多い病気は肩こりです。仕事の負担、姿勢そして緊張がこの症状・障害を増やしています。命には関わらないけれど眠れなかったりイライラしたりで結構大変なのものです。加えて医療機関にいっても軽く診(見)られ、検査されても有効な治療法が見つからず解消しないことも多いようです。もちろん骨や神経の病気がある場合もありますからきちんとした診断は当然必要です。多くは仕事によるものですし「疲労」が原因です。ですから改善や予防には、仕事の仕方の検討と工夫が必要ですが、なかでも「体操」が必要・有効です。
 体操といえば「ラジオ体操」が有名です。朝早く新鮮な空気を吸って10分でも体操をすることは良い効果を現しはしますが、肩こり(剄肩腕障害)を解消するにはどうも力不足です。飛んだり跳ねたりはしていますが、どうも肝心の縮んだ筋肉や腱、関節を伸ばし循環の改善には繋がっていないようです。それに有効なのが「ストレッチ体操」です。
 この体操は最近マスコミでも取り上げられてきています。説明書も一般書店で手に入るようになってきています。ぜひ一冊家に備えておきましょう。最近宣伝している「ラジオ体操第三」は第一や第二に比べると「ストレッチ」の要素を増やしていますので良いかも知れません。
 代表的なストレッチ体操を24ページから紹介します。それに加え「リラックス体操」をお勧めします。肩をゆっくり呼吸と共に回します。胸が広がるときに吸い、縮むときに吐きましょう。とにかく「ゆっくり」と「大きく」が基本です。さらに大きく広げた後に「ストン!」と一気に腕を下に落とすのが効果的です。これは血管反射を利用して「こり」の部分の細かい血管を広げて循環を改善し、しこりも改善しようとするものです。

 気軽にできる運動(スポーツ)・体力つくり
 現代人の不健康の最大の象徴は『肥満』といわれています(別項で触れています)。食べる・飲む量の方が消費するエネルギーより多ければ太るという理屈は誰でも分かっていると思います。「仕事」もエネルギーを消費します。でも「スポーツ」は「仕事」とは違います。その違いには三点あります。1.楽しいこと、2.全身が同じように動いていること、3.疲れたり嫌な時自分の意思で中断・中止ができること、の三つです。確かにどれも「仕事での動き」では困難です。

  016  

ウォーキングのすすめ 

 さて多忙は中小業者にとっての運動・スポーツで最もできそうなのが「ウォーキング=歩行」です。「ジョギング」も結構ですが、体力が無いと長くは走れません。コンクリートの上を走れば膝や足に負担が掛かり障害でも起こせばそこでオジャンです。「長続き」が肝心です。そこでお勧めが「歩き」です。 

効果的な「ウォーキング」の方法 

 自分の通常の歩幅より一足分前に出します。腕は両手を水平まで上げましょう。時間は毎日なら最低15分、一日おきなら30分は必要です。朝食前の空腹時は避けましょう。飴でもなめて出かければ大丈夫でしょう。 

時間を作ってスポーツを 

 もう少しスポーツらしいものを望むなら、二人でできるものが良いでしょう。「バトミントン」「卓球」「キャッチボール」等は楽しいものです。中小業者はサラリーマンに比べれば「自由時間」もあると言えます。視点をかえて、その利点を生かす訳です。仕事の現場で仕事仲間での運動を親方の裁量でやってみても良いでしょうし、婦人部の仲間同士で軽く汗を流すのは楽しい機会でしょう。
 ここで最大の注意!!軽い運動なのにご褒美に甘い食べの物や飲み物を摂っては元の木阿弥です。スポーツ後だからとスポーツ飲料を飲んでしまえばそれも同様ですのでご注意を!! 

 犬の散歩も良い運動でyそう。一人で「歩行」が恥ずかしくても「犬の散歩」なら大丈夫ですね。でも犬はおしっこやマーキングでしょっちゅう止まります。散歩時間の半分しか歩いていませんのでその点、要注意。 

 さて、こうして身体を動かす習慣が付いて着たらもう少し本格的に「スポーツクラブ」通い等どうでしょうか。公共施設で結構安いところもあります。夜は大抵混んでいますが平日の昼は結構すいています。また、公会堂・コミュニティセンターや学校でも時間によっては「住民に開放」の機会があるようです。「班会」をこういう場で開き、会議の前後に気晴らしに運動してはどうでしょう。 

    

7健康維持に役立つストレッチ体操

ながおか医療生協トレーナー 須藤伸彦 

やってみよう!その1
体ほぐし(柔軟性)
 各10秒間X2~3回
 毎分5分、朝起きたときや、寝る前にやりましょう。 

ア、長座体前屈(足の裏) 

001

イ、抱え込み(背中)
  ひざと顔を付ける002  

ウ、上体そらし(腹・背中)
  交互に左右へ振り返る

003

エ、立位体前屈(足の裏)
両手を床に着ける004     

オ、ヒモ抜き(全身)

005

◎やってみよう!その2
  体づくり(筋力・筋持久力)
  各10回X2~3セット
  毎日、食事前に10分やればOKです。 

ア、肘の曲げ伸ばしと手のグーパー(腕・肩)

006

イ、かかと上げハーフスクワット(ももの前・ふくらはぎ)
  1.かかとを上げる
  2.かかとを上げたまま、ひざを曲げる
  3.
ひざをもどす
  4.かかとをおろす
007  

ウ、上体起こし(腹筋)008_3  

エ、ヒコーキ(背筋・臀部)
  左右対角交互に

009

オ、腕立て(胸・腕)

010

    

屋内、屋外での作業の前後に行うストレッチング 約5分間
 洗濯、ペンキ塗り、庭いじり、穴掘り、大工仕事、重量物の運搬などの屋内、屋外の作業を行う前に、楽なストレッチングを数分行おう。これを行えば、この種の作業から生じる筋肉の緊張と凝りを起こすことなく、効率よく作業することができるよう体の準備が整えられる。筋肉の緊張を取り、仕事を楽に行う為に、さあストレッチ!

011

012013014015

    

8がんを予防するには

 最近、我が国の死亡原因では「がん」が急増しています。しかし、がんの中でも増えているもの、減っているものがあります。我が国で増えているがんでも減らしている国もあります。
 全商連の実態調査や健康診断で見れば、減らせるはずで増えているがんは、「肺がん」「肝臓がん」です。「早期発見・早期治療」がなされていない為に多い「乳がん」「子宮がん」があります。大腸がんも遺伝的な面に加えて食生活・食事内容の影響を受けて増えています。 

 営業の困難などのストレスを酒やタバコで「癒そう」としていませんか。どちらも「量」と「期間」が重なるとがんの発生が急速に増えていきます。 

 「ババ抜きの理論」と言いまして誰がかんになるかは事前には判らないのですが、含まれる「ババ」の数は確実に増えていきます。最後まで「ババ」を引かずじまいの方もいますがだんだん例外になっていくのです。 

――――がん予防12箇条――――

1.バランスの取れた栄養をとる
偏食せず、まんべんなくあらゆる食品を 

2.毎日、変化のある食生活を
食生活がワンパターンになっていませんか 

3.食べ過ぎは避け、脂肪は控えめに
 腹八分目を守り、魚を多めに摂る食生活を 

4.お酒はほどほどに(一日一合~二合)
 週一回の休肝日を守って 

5.タバコをやめる
 お酒を飲みながらの喫煙はとくに注意 

6.適量のビタミンと繊維質を摂る
 緑黄色野菜をたっぷり食べましょう 

7.塩辛いものは少なめに、熱いものは冷まして
 食堂や胃の粘膜にいたわりを 

8.焦げた部分は避ける
 突然変異を引き起こす原因に 

9.カビの生えたものに注意
 食べる前によくチェックして 

10.日光にあたり過ぎない
 太陽に親しすぎるのも禁物 

11.適度にスポーツをする
 一日一回、いい汗かきましょう 

12.からだを清潔に
 気分さわやか、清潔習慣を 

    

9健康診断の結果

  健康診断は、病気を発見するだけでなく自分のライフスタイル(生活習慣)を見直し、病気にならない身体をつくるチャンスでもあります。検査結果は自分の歴史として保管し、健康管理に役立てて下さい。なお、要精密検査・要治療・要経過観察と診断された方は、放置せずに必ず受診してください。(基準値の一覧表は18ページ)    

(1)血圧が高いといわれたら
 血圧はほとんどの検診で測定されています。最近は家庭血圧計をお持ちの方も多いと思います。その意味では最も情報が多い項目ですし、測定頻度も多いわけです。それだけにこの項目の理解は大切です。心臓はポンプの役目を果たしていて全身に血液を運んでいます。末梢の動脈での「血管の壁を押す圧」が「血圧」です。血圧が高い状態が続きますと「動脈硬化」が生じ、脳卒中や心臓病の原因になります。また、夜勤や長時間労働を続けると高血圧になる事も知られています。 

  最近、血圧基準がより厳しくなりましたのでより正常は値を目指しましょう。また夜勤等ではその時間帯が高いという結果も出てますので24時間血圧記録も有効です。 

  高血圧には加齢やストレス、種々の負担で起きるものと腎臓やホルモンの異常によるものがあります。後者には比較的若い方に多く種々の検査によって診断され、時には手術によって治るものがありますので、検診結果にもとづいて検査を進める事が必要です。 

    

――――高血圧症の予防――――― 

 塩分を減らす
 塩分は血流を増やしたり血管の老化を早めます。我が国の食塩接種はかなり減りその効果として脳卒中は減っています。しかし最近スナック菓子や加工品の普及で再び摂取量の増加傾向が見られます。 

 肥満の解消
 血圧を正常に管理するには肥満解消や体脂肪正常化が大切です。いろいろあって大変そうに思いがちですがこの2つは改善する事が似ていますので一緒に取り組むのが賢いやり方でしょう。 

 精神的な緊張やストレスの解消
 できれば2日連続の休みが理想的ですが、「身体を動かす」「ゆっくり休む」の組み合わせが大切です。 

 禁煙、過度の飲酒をひかえる
 ストレス下でのタバコはより血管が破綻します。過度の飲酒は血圧を上げますので上手に飲みましょう。 

    

(2)尿検査で異常が出たら
 尿検査の主なものは「尿蛋白」「尿糖」「尿潜血」です。幼児や学童ではもう少し違った項目で実施されます。 

★尿蛋白
 尿検査の主な目的は腎臓疾患です。微量でも持続的に出ている場合は、いくつか大事な疾患の「現れ」の事があります。まず、とても大事な病気や疲弊・消耗状態が続いている時や急性の感染症では比較的高濃度の蛋白が検出される事があります。この場合は早く治療する必要があります。急性膀胱炎や腎盂腎炎では血尿の他、発熱や排尿時に痛みを伴うことが多いので疑いやすいと思います。慢性の病気が原因の場合は、息切れや顔・足の浮腫を伴うかどうかを見る事が大切です。そういう場合もなるべく早く医療機関を受診して下さい。 

 病気としては、急性と慢性の腎炎、ネフローゼ症候群、腎臓や膀胱の腫瘍、尿路(腎~尿道)結石、男性では前立腺疾患でも出る事があります。仕事で「長く歩く」「立ち仕事」「高温職場」等では、「尿蛋白」が出る事もあります。起床時最初の尿を医療機関で調べてもらい、陰性の場合はむしろ労働や生活内容の点検が必要ということにもなります。 

 尿糖
 尿に糖が出たからすべて糖尿病、ということではありません。尿に糖が出やすい人もいますし、たくさん食べれば多くの人が出ます。「糖尿病」という言葉は誤解されやすく、むしろ「高血糖病」「糖調整不調病」の方が良かったようです。過去に精密検査をしていなければ、砂糖水負荷試験やヘモグロビンA1C検査が必要です。家族・親族に糖尿病の人がいたら精密検査をおすすめします。 

 尿潜血
 この原因は多くの疾患で「尿蛋白」と類似しています。しかし「片方だけある」場合と「双方ある」場合では想定される疾患に違いがあります。「尿潜血」だけがある場合は「尿路結石」や「立ち仕事・長期歩行等の仕事」が多いでしょうか。やはり「早朝尿」の検査が有効です。 

(3)コレステロール値が高いと言われたら 

血中の脂肪について 

 検診では「総コレステロール」「中性脂肪」「HDL-コレステロール(悪玉)」も有効ですが、主に経済的理由からあまり測られていません。 

 まず、これらの項目の事を説明します。よく「高脂血症」といわれて問題視されますが、「総コレステロール」が低い値でも問題があります。HDLは低いのが異常ですから「脂質異常」の方が正しいのです。 

 「総コレステロール」は、各種脂肪の合計です。善玉と悪玉の合計ですから、その値が高くても構成によって問題の中身も変わってきます。基準以上であっても、その原因が善玉コレステロールのこともあります。例外もありますが、おおよそ、値が高い方が問題と言えます。また、年齢・性で平均値~正常値も異なってきますので要注意。低い人も血管がもろくなりやすいのでやはり注意が必要です。 

    

どうしたらよいか 

 中性脂肪は、お酒やおいしい食事で増加します。ここから悪玉コレステロール等が作られるので要対策です。「脂肪肝」の最大要因です。 

 要領としては、普通の食事はあえて制限しないで、お菓子と果物の我慢です。おやつは少量を小皿に用意しそこで終わりにします。最近の果物は結構甘いので「ビタミン豊富」に惑わされない事です。お客さんが来ても山にして出したり果物をたくさん剥かない事です。残して、ついもったいないと食べ過ぎるからです。家族の間でも同じです。最も大事なのが「お酒」です。お酒を飲む場合はその分食事を減らして下さい。 

 悪玉コレステロール
 これが増えるのが最も悪影響大です。動脈硬化を促進する元凶です。これを減らす為には出来ればまず、この値を知る事が大切です。検診でも計算ではなく直接測って貰うようにすることです。できれは医療機関で測ってもらうか献血に行けば測ってくれます。この値と「動脈硬化促進悪さ指数(年齢・血圧・血糖・タバコ)」で「治療開始値」を知る事ができます。「悪玉」を減らすには、動物性の脂を減らして植物性を増やす。運動を増やし喫煙者は禁煙する事です。 

 善玉コレステロール
 これが大切なのは既に動脈壁にたまった脂を肝臓へ運んで減らしてくれるからです。心を入れ替えても後の祭りで脳や心臓の病気で倒れるのを待つというのでは健康学習も検診も意味をなしません。善玉を増やせば一旦できた動脈硬化を改善できるのですからしめたものです。繰り返しになりますが、ここだけに目がいく人のために繰り返せば、「動物性の脂を減らして植物性を増やし、身体を動かし喫煙者は早々に禁煙する」ことです。 

    

―――――どんな生活改善をすればよいか ――――――― 

 総じての対策として、食事では、朝食はとること腹八分、夜の食事は就寝2時間前までに終わるように心がけます。食べ過ぎないようにしっかり噛む事です。外食するときは「カロリー表示」のある店を探しておきましょう。弁当もカロリー表示のあるものを探しておいて下さい。ラーメンライスや大盛り、フライセットは避けましょう。和食の定食がお勧めです。 

 運動のコツですが、歩くのが基本です。1日1万歩を目途にして普通の歩幅に靴一足分を足して元気よく歩きます。営業で車を使う時は少し遠くの駐車場に止めてそこから歩きます。電車・バスでは一駅前で降りるようにします。エレベーター・エスカレーターを階段歩行にするのは膝を痛めやすいわりにカロリーは減らないので平地歩行で十分です。 

    

(4)肝機能に異常があると言われたら 

 この項目の異常は、「脂質検査異常」に並んで現在異常者が多いと言われています。肝機能異常を示す病気は大きく分けて2つあります。 

 一つが「ウイルス性肝炎」であり、もう一つがそれ以外です。前者の主なものは「A*B*C」の3種類です。このなかでA型肝炎は食中毒ですから健診で問題になる事はほとんど無いと思います。肝機能の異常値は極めて高い事が多い反面、治癒後は値が正常化しますので健診で見つけられる事は無いと言って良いからです。 

 一方B型肝炎とC型肝炎の方は初期にはほとんど症状も無くかつゆっくりと進行していく事が多いので健診で見つかることが多いことが知られています。しかも肝硬変を経て肝臓がんへと進行する人が一定の割合で確実にありますので重要です。    

 こうした背景から2002年から住民健診での項目にも追加されたのでご存じの方、実施された方も多いと思います。肝機能検査は数項目あり、それぞれの特徴から病気の種類や程度が類推されます。異常を指摘されましたら更に超音波検査や蛋白質(分画含む)、肝炎ウイルスのより詳しい検査、腹腔鏡検査や肝生検(細い針を肝臓に刺して一部組織を採取する)等も必要となる事があります。症状が無いと安心したり検査を拒否したりしますと手遅れになることも珍しくありません。 

 中小業者には毎日お酒を飲む方の割合が極めて高いという結果が出ています。アルコールが肝臓を痛めるという事を知らない人がいないくらい有名なのにあいも変わらず飲み続けてしまい徐々に悪化してしまっています。 

 次ページに3つの「アルコール肝臓病」の特徴を紹介しましたので自分の数値と酒の量を考慮しつつ参考にして下さい。肝機能が異常で肝臓病と言われた後の食事の注意も示しておきました。 

    

―――――肝臓をいたわる生活を―――――

●一日3食バランスよく食べる事
・こわれた肝細胞を修復する。良質の蛋白質(肉、魚、卵、大豆製品) 

・肝臓の過労を防ぐエネルギー源の糖質(ごはん、麺、パン)
・肝機能の回復を早めるためのビタミン、ミネラル(野菜、海草) 

●禁酒が最良。 

●脂肪の多い食品は控えめに。 

●刺激物、香辛料はほどほどに。 

●食後20~30分間は、ゆっくり休むこと。 

    

中小業者に目立つ脂肪肝、その代表としてのアルコール性の肝臓病

      

アルコール性脂肪肝        

   
      

日本酒に換算して一日3合くらいを5年程度飲み続けた場合に起こります。脂肪肝というのは、正常なら肝臓の組織に5%くらいしか含まれない中性脂肪が20%も30%もたまった状態で、肝臓の働きが悪くなります。太り過ぎも関係していることが多いので、禁酒して、食事と運動で減量するとわりと早く回復します。        

   
      

アルコール性肝障害        

   
      

日本酒換算で毎日3合くらいを5年程度飲むと起こるとされています。一日量が減れば、その分、発症までの期間は延びます。「アルコール中毒」となれば禁酒しかありません。「節酒」では、また大量飲酒に戻り、結局肝硬変に進んでしまうからです。        

   
      

アルコール性肝硬変        

   
      

日本酒換算で毎日5合以上、十年以上飲み続けるか、合計してそれに相当する量を飲んだ場合に起こると言われます。進行すると肝臓の本来の働きが出来なくなり、黄疸や腹水などの合併症が出てきます。初期はほとんど自覚症状が無い時期もありますが、禁酒や休養でも回復しなくなる病気です。肝ガンに進む可能性がより高まってきます。        

   

    

 

(5)血糖値が高いといわれたら
「合併症」になる前の早めの検査・治療を
 この病気は現在増えに増えています。高血圧や脂質異常、肥満、喫煙、ストレスと一緒になって動脈硬化を進行させます。こうした要因は労働や生活の内容に関わって重なり合うものですから同時にいくつもある方も増えています。「死の四重奏」「死の五重奏」等とも呼ばれています。その中でも糖尿病がある組み合わせの方が、無い組み合わせよりも動脈硬化の出来方、進み方は目立っています。さらには糖尿病単独でも放置しておけばかなりの程度にその影響が出るのです。 

 「合併症が出る前の早めの検査、治療が大切」という話はしばしば聞くと思いますが、例えば、腎臓の障害から人工透析が必要になる方や白内障の原因のトップはこの病気なのです。次ページにはこれらの「合併症」の主なものを紹介していますが、症状が出る前には「ひそかな準備期間」があるのでやっかいです。 

    

 

放っておくとどうなるのですか?
~糖尿病が引き金となる合併症・併発症~ 

 脳動脈硬化による疾病(脳梗塞など) 

 糖尿病性網膜症(視力の衰え) 

 白内障・緑内障 

 歯周病 

 冠状動脈硬化による疾病(狭心症、心筋梗塞など) 

 肝障害 

 胆石症 

 糖尿病性腎症、腎不全、尿毒症 

 膀胱炎 

 骨脆(こつぜい)弱症 

 座骨神経痛 

 自律神経障害(男=インポテンツ、女=月経異常) 

 感染症にかかりやすい 

 下肢のこむら返り、両足のしびれなど 

    

 

「食後採血」も効果的
 健診では、良く「食事を抜いて来て下さい」と言われます。しかし実は糖尿病だけは「食後採血」の方が早期に発見されることが多いのです。「食後血糖」を1年置きくらいにお願いしてみてはいかがでしょうか。そうした検査で高血糖や尿糖があると精密検査が必要になります。それには空腹状態で甘い水を飲んだ後2時間まで飲む前も含めて5回採血する「ブドウ糖負荷試験」が基本です。飲む前と飲んだ30分後に「インスリン」の採血をすると確実です。それは、糖尿病は膵臓からのインスリンの分泌が減っていることによる病気だからです。中にはインスリンが出過ぎていて、低血糖状態になる人もいます。インスリンが出てきても反応を鈍くしてしまっている状況の方の存在が知られ「インスリン抵抗性」と呼ばれたりしています。多くは肥満の人やしっかり食べたはずなのにすぐにお腹が空く人、実際また食べたがる人がそうである可能性が大きいので自分や周りに該当する人がいたらインスリンの出方も含めて検査を行って下さい。 

 こうした負荷試験では、いわば糖尿病の準備状態=予備軍ともいえる「境界型」の診断も良くされます。こうした結果を得た方は糖尿病になる心配が大きいのですが、紹介した「生活改善」に取り組めば真の糖尿病にならないで済みます。がっかりせず用心と改善に着手してみましょう。 

 糖尿病は多くの疾患の中で遺伝要因の大きい代表的な疾患でもあります。家族・親戚(6親等位の血縁)に糖尿病の方がいたらかならず検査を受け、正常であっても軽視せずに暮らして欲しいと思います。糖尿病になった方でもインスリン注射や経口糖尿病薬はとても進歩していますのでがっかりせずに治療して欲しいと思います。難しそうな食事管理でさえ「治療・教育入院」経験者は「3度の食事(通常1,600キロカロリー)も結構な量で不足感は無い」といいます。間食、酒さえ抑えられれば大丈夫です。 

    

(6)胃・十二指腸潰瘍があるといわれたら 

 健診では、症状で疑われたり、診察上で(圧痛=押して痛む)疑われたり、胃透視で疑われたり、胃カメラで「間違いない」と指摘されたりします。 

 多くの方は胃が痛いなどの症状があると薬局から薬を買って対応しているようです。テレビの宣伝のように「胃薬飲んでおいしく飲み会」という風に食事や生活はそのまま、という方も中小業者の方には多いようです。 

 症状で病気が予想されることも多いのが特徴です。病気が違えば対処法も当然違ってきます。まず、胃潰瘍では痛みと重苦しさが多いでしょう。十二指腸潰瘍では痛みはより空腹時、特に早朝が多いようです。ゲップが出やすい人でそれが胸焼けして上がってくる場合は、最近多い「逆流性食道炎」が疑えます。 

 胃炎には、急性と慢性があります。急性では、表面に多数の出血点(班)があるものでは潰瘍同様の症状を示します。慢性では胃酸分泌が多いタイプと少ないタイプがあります。後者は「萎縮性胃炎」と呼ばれ、最近注目されている「ピロリ菌」が関与し潰瘍や胃癌にもつながるものとして注意が必要です。 

 胃腸疾患は病気に対応して症状が伴いやすい病気ですが、無症状のこともありますし、他の病気が合併していることもあります。きちんとした検査・診断が必要です。 

    

――――潰瘍の治療―――― 

 むかし頻繁に行われた手術は随分減り、現在は効果的な薬の治療が主体です。ただし、飲む順番や期間がきちんと決められています。指示に従った飲み方でないと効果が上がりません。「ひどい時に飲む」といった自己判断治療は大変困るやり方です。病気の原因には「不規則な食事」「早食い」「過労・ストレス」があげられます。三度の食事は良く噛んで、空腹感が強く、痛み、胸やけもあれば少量を口にするのも効果的です。夜はよく眠らないと胃腸も休めませんので特に睡眠を確保しましょう。 

    

胃をいたわる生活を 

 食生活では胃腸に負担をかけないように 

 食べ物は良く噛んで、味わうこと 

 熱すぎるものは飲み込まないこと 

 飲み過ぎ食べ過ぎに注意しましょう 

 刺激物(コーヒーなど)はひかえめに 

 食事は規則的に 

 ストレス解消は《ゆとり》をもって 

 スポーツや趣味、小旅行で気分転換を 

 ゆっくり入浴し、リラックス 

 友人、家族と楽しく食事を 

 タバコは潰瘍の治りを遅らせ、再発の原因になるので禁煙を 

 カルシウムを含む食品は精神を安定させる効果があります 

    

(7)心臓に異常があるといわれたら 

 まず、日頃の症状を「健診問診票」に記載しましょう。 それを見て医師や看護師が

「症状の程度や頻度」についてより具体的に聞きます。それだけでも病気についておよそ推定できます。 以下には症状がないのに心電図等で「異常」を指摘された際のことについて解説します。

 心電図「異常」で多いのは「心肥大」「虚血性変化」と「不整脈」と思います。 「心臓」には、血液を一旦ためるところの「左右の心房」と血液を送り出すポンプ「左右の心室」があります。 「心肥大」で主に問題になるのは「左心室肥大」です。 これは例えますと「羽振りの良い会社や家庭」となります。 収入が十分あれば問題ない訳ですが不足となると赤字で苦しみます。 これはちょうど栄養動脈(冠状動脈)が動脈硬化で狭くなり酸素を供給できなくなることに似ています。 実は、この苦しみが「狭心痛」であり、破綻が「心筋梗塞」といえます。

 「心肥大」には数は少ないものの先天的病気や特殊な病気もあります。 健診で偶然見つかったり、検診を長く受けずに働いていて「突然死」された不幸な例も報告されています。 この場合は「心臓の超音波検査」が負担もなく極めて有効です。 一方、酸素不足状態があれば心電図では「虚血性変化」として現れます。 症状の有無にかかわらず「疑う所見有り」とされたら「階段昇降試験」「自転車エルゴメーター」「トレッドミル検査」といった心臓運動負荷試験が必要です。
 検査によって「狭心症」と診断されると将来、心筋梗塞へ移行する確率が一般の人よりかなり高くなります。

 

====どんな生活改善をすればよいか====

 自分の病気の型をよく知ることが大切です。どちらにせよ持病があれば十分管理され禁煙、節酒、肥満解消等の取り組みが必要です。動くと怖い気分は当然あります。しかし、できるだけバイパス=副血行路の形成を促すために痛みや息切れ・動悸が起きない範囲で積極的に動く(歩行)ことがよいとされています。実際、心筋梗塞に罹患した後に富士山登頂に成功された方もおられます。

最後に、不整脈です。 多くが放置しても良いものですが中には「心臓カテーテル検査」をえて「ペースメーカー」の植え込みによってようやく通常の生活が出来る方もいます。 この「異常」の初期診断には24時間記録心電図(ホルター心電図)が極めて有効です。

 

(8)眼底検査で異常があったら

====眼底検査はなぜ大切か====

 眼底は「からだの窓」とも言われています。つまり、全身の中で直接動脈を観察できる唯一の場所だからです。 現在、がんを除けば、死因のほとんどが「動脈硬化の進展」に関わっての病気ですから、動脈硬化の程度の診断は重要なのです。

 鑑定検査は、以前は検眼鏡で直接観察していましてが、現在は眼底カメラで撮影し診断されています。

 眼底検査では、網膜上の動脈、静脈、入口部等を観察し、高血圧性変化と動脈硬化性変化を主に評価し、通常その組み合わせで判定します。これにより動脈硬化の進展度はもちろん高血圧や糖尿病の進行度合いが分かります。 他にも、腎疾患、脳疾患、血液疾患の診断や病気にも重要な情報を与えてくれています。

 眼底出血は決して脳出血と同意義ではなく、あくまでもその危険を知らせる予防灯のようなものです。 出血の大きさや数は重症度と関連しますが、特にカメラでいえば画像を写す焦点に当たる「黄斑部」近くに発症しますとわずかの範囲でも「失明」に至ります。 眼底出血の治療として最近はレーザー治療が汎用されてきて比較的簡単に対処できます。 決してあきらめることなく早めにかつ粘り強い治療が望まれます。 少なくとも動脈硬化進行に関わる病気のある方は疾病の定期的な検査が必要です。 疾病の無い方も35歳以上の方は健診で年1回は検査されるのが望ましいと思います。

 

====脳卒中とその予防====

 脳に突然起きる重大な疾病の総称を「脳卒中」といいます。 脳卒中に含まれる主な疾病は「脳出血」「クモ膜下出血」「脳梗塞」の3つでしょう。

 ”脳出血”は、戦後長い間我が国の死亡率の1位を維持してきた疾病です。 まさに高血圧の方に多く、その高さに比例して発症していました。 東北地方を中心に全国の山間部で多く発症していました。 つまり、動物性蛋白・脂肪が少なく「ごはん」のような炭水化物と漬物のような塩分の多い食事をする地方です。 塩分を減らし、食事内容が改善されるにつれて著しく減少し、現在ではこの疾病の手術も死亡も激減しています。 もちろん多忙に任せ好きで漬物等しょっぱいものがやめられないでいれば今でも発症し得るので要注意です。

 ”クモ膜下出血”は現在増えている広い意味で脳出血の一種です。 脳を包むクモ膜の中で出血が起きるのですが、主に先天的に形成される「動脈瘤」が破れて起きます。 動脈瘤があっても一生破れずに済むことも結構ありますが、高血圧の放置や長時間労働や夜勤、仕事上の加重負担や心理負担等があると比較的容易に破綻することも知られてきています。 脳出血に比べて麻痺は起きにくい反面、呼吸や生命に重大な影響が生じ今でも死亡率の高い疾患です。 過労死認定も今では高率で労働に密接な疾患とされてきていますので業者の方は要注意でしょう。 「脳ドック」でも動脈瘤発見が大きな目的に上げられています。

 ”脳梗塞”は、死亡する方の数はさほど多くない反面、その発症自体は極めて多いのが特徴です。 この疾患は、脳出血と異なり、動物性脂肪や蛋白の過剰摂取により血中脂質異常を経て「血栓」「塞栓(病気の場所以外で形成された血栓が飛んで他の場所で詰まる)」を生じ、その結果血流が減り(途絶え)その領域の機能が落ちて障害をうむものです。

 

★「前兆を」見逃さないこと

 予防で重要なのは「前兆」だと思います。 従来にない頭痛や手の脱力・しびれ等は要注意です。 それらは「一過性脳虚血発作」といって早期診断や本格的発症を抑えるには、この状態での把握は極めて重要です。 しかし、ごく軽いものは、日常生活の中でのちょっとした「感覚」との区別が難しく、診断に重要な遅れを生じてしまうこともまれではありません。 変だと思ったら「気のせい」などと軽視せずに受診することです。 約半数はこうした「前兆」がありませんので「日頃からの健康管理」がものをいうことになります。

 

====脳卒中から身を守るヒント12ヶ条====

1.掛け布団は軽く、枕は低く

2.風呂はぬるめの湯に(38~40℃くらい)

3.トイレでの発作に注意、便秘を予防

4.寒さに注意、保温を心がける

5.定期的な血圧測定、血液検査、眼底検査を

6.ストレスをためない

7.タバコは動脈硬化を進めるので是非禁煙を

8.減塩食を心がける

 時々パン食にして漬物無しで食事を

 みそ汁は薄味にして実を多く

 酢、レモンなどの酸味を活用する

 麺類の汁はなるべく残す

9.動物性脂肪を摂り過ぎない

 肉は脂肪や皮をとりのぞく

10.酒は一日1~2合まで

11.野菜をたっぷりとる

12.太りすぎをさける

 

(9)肥満気味といわれたら

★肥満の害、改善の策

 大事なことは、肥満は、それ自体で身体の仕組みに強い影響を与え、高血圧や糖尿病の進行にも関係していることが分かってきました。 重い身体を支え移動するので「腰」「膝」を痛めますし心臓への負担も多いでしょう。 そうなると「痛み」や「動悸・息切れ」で運動はおろか歩くこともままならなくなり悪循環に陥ってしまいます。 やはり早めの肥満対策が必要です。 最近は目立って太って無く見かけは痩せていても問題がある方も急増しています。 これが「内臓肥満=過脂肪」です。 体脂肪測定が推奨されるのもこのためです。 出来れば健診でも測られると良いでしょう。

 「内臓肥満」は、動脈内にも脂肪の沈着が多く、動脈硬化の進行、更には脳・心・腎等の合併症も多く、その予後にも関わるといわれています。 このことへの対処も従来肥満に対していわれてきたことと同じですが、その効果の評価にもやはり脂肪の沈着度合いが大切です。 より詳しく検査するには、CT(コンピューター断層写真)や超音波写真が良いのですが、加えて「体脂肪率計」も便利です。家庭で手軽に測定するには、「生体抵抗測定方式」の測定器で測定するのが役立ちます。

 

====肥満対策は====

 単純にいってしまえば「食べる量を減らして身体を動かして消費するエネルギーを増やす」ことです。

 よく「私はちっとも食べてはいない。水を飲んでも太るんです」という方がいます。 確かに、太った人といわゆる「やせの大食い」の方に同じ食事(例えばラーメン)をとってもらい終了後の背中を触ると、太った方は冷たく、やせた方は暖かいといいます。 その分「太りやすい」ことはあるでしょうが、「ちっとも」とか「水でも」は無いはずです。 詳しく聞きますと、間食が多いこと、果物が多いことに気づかされます。 また、「この重さを支えるにはしっかり食べなくては」とか「今日は動いたからその分食べても」と言います。

 間食は特にカロリーが多いものばかりです。 最近の果物は甘さが強調されてきていますし、そもそも含まれている糖分は血糖を上げ易い性格を持っています。

 「動いたから」といっても「ショートケーキを1個」を消費する歩行は、実に「1時間半」です。 この勘違いが大きな影響を及ぼします。

 食べ物の組み合わせでは、「油物」と「甘い物」が良くありません。 宴会やレストランでの「肉料理+アイスクリーム」や「中華料理+水ようかん」等は特に太る原因でしょう。

 酒は中性脂肪を増やし、肝臓を脂肪肝にする最大の要因です。 肉を食べるときは出来るだけ油料理ではなく、煮る・焼く・蒸すがお勧めですが、もし出されたら「衣」を残すだけでも効果大です。 こうした知識をきちんと頭に入れ、できるところから行動に生かせば結構効果があがります。 運動については別の項で解説しています。

 

====BMI法で肥満の程度を知る====

 肥満度は、標準体重との比率で判定します。 標準体重は様々な方法で計算されますが、男女が同じという弱点があるものの、簡単な方法で正確というのがBMI(ボディ・マス・インデックス)法です。

 BMI法とは、身長と体重から本格指数を出して肥満の程度を知る方法で、体重(kg)を身長(m)の2乗で割って計算します。

 BMIが22のとき、最も病気の合併率が少ないという統計が出ており、標準体重は身長(m)の2乗に22を掛けた物です。

 このボディ・マス指数が、男性では27、女性では25以上だと肥満と判定されます。

 BMIで判りにくい時は、BMIを22で割って肥満率で表すこともできます。 プラスマイナス10%以内であることが大切です。

 

BMI=体重(kg)÷〔身長(m)×身長(m)〕

標準体重=身長(m)×身長(m)×22

◆判定表
 26.5以上・・・・・・・太りすぎ
 24.1~26.4・・・・太りぎみ
 20.0~24.0・・・・普通
 20.0未満・・・・・・・やせ

10 あると便利な実用品

日常のケガの応急処置

1.家庭や事業所に常備しておくもの

  ①伸縮包帯、救急ばんそうこう

  ②殺菌消毒薬、脱脂綿、滅菌ガーゼ

  ③目薬(砂ぼこりが入ったときに。コンタクトレンズ用も)

  ④つめきり、とげぬき、はさみ

  ⑤スポーツドリンク(日射病や熱射病でたおれたときなど)

  ⑥胃薬、かぜ薬、鎮痛剤、下痢止めなどの服用薬

 

2.日常生活、仕事で多いケガの手当て

  ①ヤケド

  ・どんなヤケドでも、まず患部を流水で十分に冷やす(衣服の上からやけどを負ったときは、衣服を無理に剥がさず、その上から水をかけよく冷やす)

  ・軽いヤケドは患部を冷やした後、清潔なガーゼを当てておく(何もつけないで清潔にするのが一番)

  ・水ぶくれができたときは、少なくとも15分冷水で冷やした後、つぶさないように注意して、必ず病院へ。

  ②切り傷

  ・傷の上に直接、清潔なガーゼか布を当てて、その上から手で抑えて圧迫する。
ケガをした部分を心臓より高く上げる。
出血が止まったら、包帯でしばる。(傷より先の方で脈をみて、脈拍を感じなければ、感じるようになるまで包帯をゆるめる)


11 こんな症状が出たらすぐに病院・診療所に

◆割れるような頭痛

 今までに無いように痛むときは、すぐに脳の検査のできるところに行きましょう。 「回転性のめまい」「舌のもつれ」「むせる」「ものを落とす」「視野が欠けている」等があれば自分の車で行くのは避けて救急車を呼びましょう。

 

◆胸の痛み

 脳卒中と違い、最初から心筋梗塞という場合は少ないと言われています。 もちろん経験したことの無い痛みでしたら直ぐに救急車で行くべきでしょう。
心筋梗塞の場合、多くは先行して「狭心症」があります。
多くは「鈍痛」で「歯の痛み」「肩の痛み」「胃の痛み」のように感じる方も多いので要注意です。
 最初は1回の時間も少なく持続時間も短いのですが段々「間隔が短く・時間が長く」なってきます。
そうなってきてましたら受診して下さい。
タイプは2つです。
重いものを持ったり走ったりした時、そして夜中寝ていて嫌な夢を見ていてです。
他には、自然気胸(息を吸ったりはいたりすると強まる)、肺塞栓(長く横になっていたり、ケガの後)、動脈瘤破裂、食道潰瘍等があります。

 

◆血を吐いたとき

 胃潰瘍や十二指腸潰瘍が多いのですが、余り強く吐く(吐こうとした)時に食道・胃が裂ける病気(マロリーワイス)があります。
のどが切れての出血もありますが念のための受診は必要です。

 

◆痰に血が混じるとき(血痰)

 肺がんが最も心配ですが最も多いのは「原因不明」次が「急性気管支炎+肺炎」です。一方「血痰」が出る方は無い方より10倍肺がんが多いという実績もありますのでやはり受診した方がよいでしょう。

 

◆嗄声(させい、声枯れ)

 声を多く出す方や大声を出した後で無ければ「喉頭がん(こうとうがん)」も考えられます。
特にタバコをたくさん吸う方は吸わない方に比べて極めて高率ですので早めに受診して下さい。

 

◆リンパ節が腫れたら

 頸(くび)や腋の下(わきのした)、ソケイの腫れに気づいたら、ぜひ何のための腫れかを診断してもらいましょう。

 

◆乳房にしこり

 乳腺炎でもできますが当然乳がんも有り得ます。
「早期発見」であれば、その後心配が全く無いように簡単に外来で切除できます。
しかし恥ずかしいと逃げていますと割りに早く皮膚・骨・肺に転移してしまいます。
検査も軟線撮影というレントゲンや超音波で容易に診断できますので年一回は検診を受け、気になったらすぐ受診して下さい。

 

◆不整脈

 普通の方は脈の乱れはあっても気づかないことも多いようです。
自分で感じてそれが多いとか「ふーっ」と気が抜けるようなときはぜひ受診して下さい。

 

◆黄疸

 目の白いところや皮膚が黄色いと感じたら肝機能異常の場合がありますので早めに検査しましょう。

 

◆血尿

 これには目で見て赤い場合と目では異常に見えず検診や外来での尿検査での検査(試験紙)で判る潜血尿があります。
前者では結石や感染症(膀胱炎や腎盂炎)のことが多いですが、膀胱がん等も十分ありますので要受診です。

 

◆血便・黒色便

 血便では痔が、黒色便では便が硬い等の理由で一見黒く見えることもあります。
しかし、大腸がんも十分有り得ますので、是非検査する必要があります。

 

◆不整性器出血

 生理が不規則な方は少なくありませんが、それが癌の表れのことも有り得ます。

 

【この手帳の作成に当たっては、仙台錦町診療所・産業医学センター所長の広瀬俊雄氏にご協力いただきました。】

12 入院お助けマニュアル

・必ず必要なもの

印鑑と保険証、筆記用具、メモ帳、小銭、時計(めざまし時計)、テレホンカード、住所録

 

・あると便利な実用品

携帯ラジオ、液晶テレビ、本、雑誌、ノートパソコン、院内用履物(サンダル又は底のあるスリッパが歩きやすい)、小さなリュックやウエストポーチ(院内を歩くとき貴重品を入れておくのに便利)、ティッシュボックス、ウエットティッシュ(顔や手を拭くのに便利)、タオル(小さいタオルで下げ紐が付いているのがあると点滴のときに便利)、ひげそり、水のいらないシャンプー(入浴不可のとき)

 

・着替えなどの用品

着替えは多めに、前開きのパジャマ、バスタオルは多めに、タオルケット

 

・食事など

ふりかけ、梅干など、使い捨てのコップや皿、箸、スプーンなど食器

 

 

ウェブページ

フォト
2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ